4WDのさらに先へ。先進フルタイム4WD搭載のNew Golf Alltrack デビュー

状況に合わせて前後輪の駆動配分を変化させる4WDシステム“4MOTION”に、低い回転域からトルクフルなパワーを生み出す1.8ℓTSI®エンジンを搭載。そして、高い地上高やドライビングプロファイル機能により、雪道やラフロードにおいても卓越した走破性を発揮します。本格派SUVの走りと、磨き上げられた実用性を兼ね備えたGolf Alltrack 。広大なラゲージルームに、思いのままにたくさんの道具を積み込んだら、まだ見ぬ道のその先へ。そこには、未体験の感動が待っています。

※動画では欧州仕様車を使用しております。日本仕様とは異なります。

Performance
走行性能

走る道を選ばない、本格的な走破性能。

悪路走破性を高めるフルタイム4WDシステム“4MOTION”や専用の「オフロード」モードを採用。雪道や悪路でも、信頼感ある走りを実現。Golf Alltrackとなら、路面や天候を問わずあらゆる道を駆け抜けることができます。

ボディカラー:トルネードレッド(G2) オプション装着車 写真は一部実際と異なる場合があります。

※動画では欧州仕様車を使用しております。日本仕様とは異なります。

  • 1.8ℓ TSI®エンジン

    最高出力132kW(180PS)、最大トルク280Nmを発生する1.8ℓTSI®エンジンを搭載。1,350rpmという極めて低い回転数から4,500rpmまでの広い回転域で、最大トルクを発生し続けるこのエンジンが、オンロードにおいてはもちろん、力強いトルクが必要とされるラフロードにおいても同様に真価を発揮します。

  • 6速DSG®トランスミッション

    湿式のマルチプレート(多板)クラッチを採用。オイルの表面張力を利用したこの方式により、エンジンパワーの伝達効率を飛躍的に向上させます。耐摩耗性や冷却性に優れているため、280NmというGolf Alltrackの豊かなトルクにも余裕をもって対応。つねに安定した性能を実現します。

  • Golf Alltrack専用ドライビングプロファイル機能「オフロード」モード

    以下のようにプログラムを変更して、雪道や未舗装路など滑りやすい状況下での安全かつ快適な走行をアシストします。
    ※モニター画面はイメージです。

    □ABSの調整

    制動距離をより短くするため、ホイールロックのインターバルを制御します。

    □ヒルディセントアシスト

    時速30km以下で急な下り坂に差しかかると、車速が一定になるよう4輪すべてのブレーキを自動制御します。前進および後進の車速を時速2~30kmの範囲で制御します。
    *:タイヤと地面が十分にグリップしている時のみ作動。ヒルディセントアシスト機能は補助であり、すべての下り坂の状況で車両に十分なブレーキをかけるものではありません。

    □アクセルペダルの特性変更

    ラフロードを走行する際には低速域での細かいアクセルワークが求められます。「オフロード」モードを選択すると、アクセルペダルの反応特性が変更され、緻密なアクセルコントロールを可能にします。

  • ラフロード性能

    地面から車体までの高さはGolf Variant から+25mmの165mm。余裕をもって設計されたアプローチアングル/ディパーチャーアングルにより、Golf Alltrackはその名の通りあらゆる道を走破する性能を備えています。
    ※道路状況等によっては性能に限界があります。未舗装路での無理な走行は、故障の原因となりますのでご注意ください。
    ※イラストは、機能説明につき実際のものとは異なります。

  • 4MOTION

    最新の第5世代ハルデックスカップリングを採用したVolkswagenのフルタイム4輪駆動システム“4MOTION”を搭載。電子制御ユニットが常に理想的な駆動トルクを計算し、路面状況や走行状況に応じて瞬時に最適なトルクを前後輪に配分します。低負荷走行時には前輪だけにトルクを配分して燃料消費を抑える一方、発進時や加速時には後輪へのトルク配分を増加させます。また状況によっては駆動トルクのほぼ100%を後輪に配分することも可能。オンロードでは力強い発進加速や高速走行時の安定性を、ラフロードでは優れたトラクション性能を発揮。あらゆる走行シーンで常に安定した走りを実現します。

  • 電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”

    コーナリング時に駆動輪内側のグリップ不足を検知すると内輪にブレーキをかけて空転を抑制し、アンダーステアを軽減することで、ニュートラルで正確なハンドリングと安定したコーナリングを実現します。

Luggage
ラゲージルーム

自由に使いこなせる
驚くほど広いラゲージルーム。

写真は一部欧州仕様となります。

通常時
605
後席を
倒した場合
1,620

*:数値はISO測定法によるドイツ公表値。

通常時でも605ℓ、後席を倒すことで最大1,620ℓの大容量を誇る広くて使いやすいラゲージルーム。サーフィンやカヤック、スキーにキャンプなど。趣味やライフスタイルに合わせてさまざまな荷物を積み込んで未体験の楽しさを探しに出かけよう。

ラゲージルーム

ラゲージルームは大容量605ℓを誇ります。後席の背もたれは60:40に分割して倒すことができ、さらに最大で1,620ℓの広大なスペースを出現させることができます。また後席のセンターアームレストを倒してラゲージルームとキャビンを直結させれば、長い荷物も容易に積み込むことができるなど、さまざまなアレンジが可能です。
Photo:オプション装着車 写真は一部欧州仕様となります。

Technology
先進装備

未来をみんなに。
We make the future real.

これからの当たり前を、未来を、いますべての人に届けること。最先端のテクノロジーを、時代に先駆けて新たな基準として指し示すこと。 Volkswagenの変わらぬ想いは、New Golf Alltrackのすみずみに息づいています。

Photo:オプション装着車 写真は一部実際と異なる場合があります。※モニター画面はGolfを元にしたイメージです

デジタルメータークラスター“Active Info Display”

従来のアナログ型に代わる12.3インチ大型ディスプレイによるフルデジタルメータークラスター。高解像度ディスプレイには速度計とタコメーターに加え、好みに合わせて数種類のモードから選択したグラフィックを表示できます。ナビゲーションモードを選択した場合は、画面中央に“Discover Pro”と連動したマップをより大きくワイドに映し出すこともできます。

オプション設定

  • ジェスチャーコントロール※1

    タッチスクリーンに触れることなく、手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけでラジオ選局などの操作を行えます。視線や運転姿勢を変えずに、手のジェスチャーで快適に画面操作が可能です。

    ※1:ジェスチャーコントロール操作が可能な画面(操作内容):MENU画面(メニューのページ切替) ラジオ画面(局変更) メディア画面(アルバム変更、曲変更)

  • Volkswagen純正インフォテイメントシステム
    “Discover Pro”

    9.2インチ大型全面タッチスクリーンを採用。従来のナビゲーションシステムの域を超える、車両を総合的に管理するインフォテイメントシステムです。全面タッチスクリーンにより、まるでスマートフォンのように画面上を軽くタッチするだけで反応します。大画面の特徴を生かし、3つの画面を同時に表示させることも可能。手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけで画面操作を行えるジェスチャーコントロール※1を搭載しました。専用の“Volkswagen Media Control”アプリケーションで、後部座席等からもインフォテイメントシステムを操作でき、ドライバーが運転に集中しやすい環境を作り出します。さらに純正システムならではの車両との連動性により、車両の各種情報の表示や先進安全装備などの設定も可能。もちろん、フルセグ地上デジタルTVチューナー*1、iPod®/iPhone®*2/音楽再生(MP3、WMA*3、AAC)*4、Bluetooth®*5オーディオ/ハンズフリーフォンにも対応しています。

    Volkswagen純正インフォテイメントシステム “Discover Pro”の操作マニュアル

    ※1:ジェスチャーコントロール操作が可能な画面(操作内容):MENU画面(メニューのページ切替) ラジオ画面(局変更) メディア画面(アルバム変更、曲変更)
    オプション設定

    Discover Pro主な機能

    □SSDナビゲーションシステム □VICSワイド対応 □DVD/CDプレーヤー □MP3/WMA*3再生*4 □AM/FM □ワイドFM対応 □地デジTV受信*1 □Bluetooth®*5オーディオ/ハンズフリーフォン □ジェスチャーコントロール □“Volkswagen Media Control”アプリケーション対応

  • “Volkswagen Media Control”アプリケーション

    “Discover Pro”とスマートフォン、タブレットをWLAN接続することで、同乗者がスマートフォンから音楽、ラジオの操作、目的地設定や住所検索※2が可能になります。

    ※2:住所検索・周辺施設検索:住所入力による目的地の検索や、「コンビニ」などキーワード入力による現在地周辺の施設検索が、日頃使い慣れたスマートフォン入力により可能です。同乗者操作や、駐停車中の操作で、設定した目的地を“Discover Pro”に転送し、ナビゲーションできます。
    通信費は別途、各通信会社との契約に基づき発生、変動します。

  • Volkswagen純正インフォテイメントシステム “Composition Media”

    Golf Alltrackにはフォルクスワーゲン車専用に開発されたオーディオシステムを採用しました。このシステムでは、ドライビングプロファイルをはじめとする機能の設定変更や、エコドライブのアシスト機能などが8インチの大型タッチスクリーンで操作可能。スマートフォンのように直観的な操作を実現するだけでなく、ドライバーの手の動きを感知して必要な時だけメニューを表示するなど、情報の見やすさと操作のしやすさを両立します。CDプレーヤー、MP3/WMA*3再生*10、AM/FM、Bluetooth®*5オーディオ/ハンズフリーフォンや、“Composition Media”の画面をタッチしてスマートフォンアプリを操作できる“App-Connect”にも対応するなど、多彩な機能で快適なドライビングをサポートします。

    Composition Media主な機能

    □CDプレーヤー □MP3/WMA*3再生*10 □AM/FM □ワイドFM対応 □Bluetooth®*5オーディオ/ハンズフリーフォン

  1. 運転者が万一、“Volkswagen Media Control”アプリケーションおよびスマートフォンを使用する場合は、常に交通安全を心がけ、交通規制、道路交通法、自動車に関する法律、条令、安全基準を順守してください。安全が確保されない場合は、必ず安全な場所に停車してから操作してください。
  2. *1:安全のため走行中は本機モニターで地上デジタルTVやDVDの映像を見ることはできません。音声のみとなります。
  3. *2:Apple CarPlay™、iPod®、iPhone®は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhone®商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
  4. *3:著作権保護されているWMA(Windows Media® Audio)形式の音楽ファイルは再生できません。
  5. *4:DVD-R/CD-R/CD-RWやSDHCメモリーカードに記録された音楽ファイルの直接再生が可能です。
  6. *5:Bluetooth®は米国Bluetooth SIG,Inc.の商標または登録商標です。Bluetooth®は携帯電話の仕様や設定により接続できない場合や、操作方法・表示・動作が異なる場合があります。
  7. *6:Gracenote®はグレースノート社の登録商標です。
  8. *7:無償期間終了後は、専用ポータルサイトで有償更新可能。通信費は別途、各通信会社との契約に基づき発生、変動します。契約内容によっては別途追加契約が必要となる場合があります。
  9. *8:MirrorLink™はCar Connectivity Consortiumの商標または登録商標です。携帯電話の種類によって対応していない場合があります。
  10. *9:Android Auto™は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  11. *10:CD-R/CD-RWやSDHCメモリーカードに記録された音楽ファイルの直接再生が可能です。
  12. ※走行中に使用できるのは一部のアプリケーションとなります。すべてのアプリケーションに対応するものではありません。

フォルクスワーゲンの先進技術 サイト

Safety
安全性能

「安全性はすべてに優先する」。
Volkswagenの大切な理念のひとつです。

Volkswagen オールイン・セーフティ

いくら気をつけて運転していても、ヒヤッとする思いをしたことが誰にでもあるはずです。どんな場面でも乗員や歩行者の安全を最優先する。そのためにVolkswagenでは、すべてのクルマに世界トップレベルの安全技術を標準装備。総合安全理念Volkswagenオールイン・セーフティのもと、予防安全・衝突安全・二次被害防止の3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を搭載しています。たくさんの「安全」を標準装備したGolf Alltrackが、あなたのカーライフをより快適で楽しいものにします。

事故を起こさせない(予防安全)、万が一の事故のダメージを軽減する(衝突安全)、事故が起きた後の被害を抑える(二次被害防止)

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    渋滞のストレス軽減。 渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”

    レーンキープアシストシステム“Lane Assist”とアダプティブクルーズコントロール“ACC”を組み合わせた、渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”は交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況においての運転を支援します。時速30km以上の走行時かつドライバーの両手がステアリングに関与している条件下において、時速0~60kmの速度域で自動的に加減速を行い、一定の車間距離を保ち、また車線の維持支援を行います。さらに時速65km以上の中・高速走行時に自動追従している際、車両が減速し時速60km以下の低速度域に入った場合でも作動し、先行車が完全に停車するまでの範囲で制御が可能です。

    *:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
    ※起動速度 30km/h以上 作動速度 0~60km/h
    ※作動条件 ドライバーの両手がステアリングを握っていてハンドル操作に関与していること

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    安全な車間距離を常にキープ。 アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

    クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高感度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステムは渋滞などの低速度域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能。作動状況はメーターディスプレイで視覚的に確認できます。

    *:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。 ※起動速度 30km/h以上 作動速度 0km/h以上 

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    車線逸脱しないようドライバーをサポート。 レーンキープアシストシステム“Lane Assist”

    フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正を行いドライバーに警告します。メーターディスプレイには走行車線マーキングを表示し、ドライバーのステアリング操作をサポートします。

    *:ステアリングの補正はドライバーのステアリング操作で解除することができます。 
    ※起動速度 65km/h以上 作動速度 60km/h以上

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    前方の車や歩行者を検知して衝突被害軽減をサポート。 プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist” (歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

    全速度域においてレーダーで前方の車両との距離を検知。衝突の危険が予測される場合には、制動距離の短縮化を図るため、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音・警告灯による注意喚起を行います。その際、ドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また、時速5~65kmでの走行中には歩行者検知機能が作動し、時速5~30kmの速度域においてはシティエマージェンシーブレーキ機能が作動します。エンブレムに内蔵されたレーダーセンサーが車両だけでなく歩行者も検知し、自動的にブレーキを作動させ危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。

    *:プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”が“ON”の時、時速約5km以上で前方の交通状況を検知します。

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    ステアリングの動きに連動して照射。 ダイナミックコーナリングライト

    ステアリング操作に連動し、ヘッドライトの照射エリアを細かく調整。曲がる方向を適切に照らし出し、より安全性を高めます。

    オプション設定

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    歩行者の安全も守る。 スタティックコーナリングライト

    低速でカーブを曲がる時に、ステアリングの舵角およびウインカーと連動して点灯。交差点での歩行者の確認がしやすく、歩行者側に注意を促すこともできます。

    ※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    対向車への眩惑を軽減。 ダイナミックライトアシスト

    フロントカメラで対向車のヘッドライト、先行車のテールランプを検出し、対向車・先行車の位置と距離を算出します。その結果に基づき、ヘッドライトの光の照射角度を変えて、適切な状態で照射エリアを細かく調整します。対向車や先行車のドライバーを眩惑することなく、前方の路面と路肩を広範囲に明るく照らすことができます。

    ※起動速度 60km/h以上
    オプション設定

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    事故を予測して、万が一の時に備える。 プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

    急制動や極端なオーバーステア/アンダーステアによって発生しうる事故の可能性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高め、同時にウインドーを閉じます。それによって万が一の事故が起きた際に、各エアバッグが最大限の効力を発揮できるよう備えます。

  • 横滑りなどをコントロールしてサポート。 ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)

    走行時の予期せぬ障害物の回避や滑りやすい路面での横滑りを防ぎ、走行安定性を高めます。センサーによりクルマの不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御。走る歓びを先進の技術で支えます。

  • 写真はイメージです。

    運転の疲れを気づかせてくれる。 ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

    ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、表示と警告音で休憩を促します。

    ※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。カーブ走行時、車速、道路、天候状況によってはご使用になれない場合があります。

  • ※動画の車両は現行仕様と異なります。また欧州仕様の場合がございます。

    バック時の後方視認をサポート。 リヤビューカメラ“Rear Assist”

    ギヤをリバースに入れると車両後方の映像を映し出します。画面にはガイドラインが表示され、車庫入れや縦列駐車などの際に安全確認をサポートします。

  • 万が一の衝突時、衝撃を和らげる。 9エアバッグ

    9個のエアバッグを標準装備するとともに、音響センサーの導入によって衝撃に対する反応時間の短縮も実現。運転席/助手席の「フロントエアバッグ」、前席/後席の「サイドエアバッグ」、サイドウインドー全体を覆う「カーテンエアバッグ」に加え、運転席には「ニーエアバッグ」を採用し、クラストップレベルの乗員保護性能を備えています。

  • 高い安全性と安定した走りをもたらす。 高剛性ボディ

    レーザー溶接や超高張力鋼板の採用などにより高剛性化と軽量化を両立。安全性はもちろん、優れた走行安定性と静粛性を実現しました。またボディには衝撃吸収構造を採用。衝突エネルギー吸収構造材・エネルギー分散構造材を組み合わせたクラッシャブルゾーンと頑強なフレームで囲まれたキャビンが衝突時に高い乗員保護性能を発揮します。

  • 事故の瞬間、ベルトをタイトに締める、そして緩める。 フォースリミッター付シートベルトテンショナー

    衝突時、シートベルトを瞬時に巻き上げて身体をしっかりと支え、拘束効果を高めます。その後、フォースリミッターがベルトを緩め、必要以上の負荷がかからないようにします。

  • 衝突後の、さらなる多重事故に備える。 ポストコリジョンブレーキシステム

    衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を時速10km以下になるまで減速させ、対向車線へのはみ出しなどによって起こる多重事故の危険を低減させます。

    *:車両を最大0.6Gの範囲内で減速します。
    ※ポストコリジョンブレーキシステムの制御には限界があります。このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
    ※動画ではマルチコリジョンブレーキシステムとなっていますが機能は同じになります

  • 後続車に危険を知らせる。 エマージェンシーストップシグナル

    高速走行時に急ブレーキをかけると、ブレーキランプが自動点滅して後続車に緊急制動を知らせます。そのまま時速10km以下になると、ハザードランプ点滅に自動切替。再加速または手動操作で解除することができます。

    *:速度は路面やタイヤなどの状況により左右されます。走行時は法定速度を厳守してください。

※これらのシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。 ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。写真は一部実際と異なる場合があります。イラストは、機構説明用につき実際のものとは異なります。※モニター画面はイメージです。

Interior
インテリア

すべての季節を快適に、
そして軽快に走り抜くために。

春には電動パノラマスライディングルーフが穏やかな太陽の光を最大限に採り込み冬にはステアリングヒーターが凍えた指を温めます。選び抜かれた先進の装備により、一年を通して快適な室内環境を実現。
*:オプション設定

Photo:オプション装着車

  • 2ゾーンフルオートエアコンディショナー

    運転席と助手席で、それぞれ独立して温度・風量の調整が可能です。また、内蔵されたフレッシュエアフィルターには花粉やダストの除去に加えて、アレルゲン除去機能を付加しました。くつろぎに満ちたクリーンな室内環境を保ちます。

  • ステアリングヒーター/シートヒーター(運転席/助手席)

    内蔵されたヒーターでステアリングとと運転席・助手席の座面を温めます。寒い季節のドライビングを快適にします。

  • 専用ファブリックシート/レザーシート

    肌触りのいい上質なファブリックを使用した専用シートを採用。快適性とホールド性を両立しています。
    *:オプション設定

  • 電動パノラマスライディングルーフ

    前席から後席まで続く大きな開口部が、室内に心地よい光と風、そして開放感をもたらします。強すぎる陽射しを軽減するサンシェードと、乗員を紫外線から守るUVカットガラスを備えています。
    オプション設定
    Photo:一部欧州仕様

  • インテリアアンビエントライト

    ドアトリムなどにやわらかな光が点灯。洗練された空間をより上質に演出します。
    Photo:オプション装着車

Lineup
ラインアップ

New Golf Alltrack

本格派SUVの走りと、
磨き上げられた実用性を兼ね備えたGolf Alltrack。

車両本体価格(税込) ¥3,599,000

  • NEWLEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ、LEDターンシグナル付)/LEDテールランプ

  • シルバールーフレール

  • サイドシル/ホイールハウスエクステンション

  • アンダーガード付リヤバンパー/クロームツインエキゾーストパイプ

  • ドアシルプレート

  • NEW渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”

  • NEWレーンキープアシストシステム “Lane Assist”

  • NEWプリクラッシュブレーキシステム“Front Assist” (歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)


諸元表を見る

Body Colors
ボディカラー

New Golf に込めた想い
これならいいね、と思える車を。

変化の早いこの時代、
新しいクルマの選び方があります。

少し先を考えて。
これならいいね、と思えるクルマを。

試乗してその良さをご体感ください。

本格派SUVの走りと、広大なラゲージルームを始め、磨き上げられた実用性を兼ね備えたGolf Alltrack 。ぜひお近くのディーラーでご体感ください。

  • トルネードレッド(G2)
  • タングステン
    シルバーメタリック(K5)
  • ホワイトシルバーメタリック(K8)
  • ピュアホワイト(0Q)
  • ディープブラック
    パールエフェクト(2T)
  • ピーコックグリーン
    メタリック(8U)
  • オリックスホワイトマザーオブ
    パールエフェクト(0R)